結婚式アルバムのPetitCoffret

オーダーメイド

オーダーメイド

ベースとなるデザイン要望をデザイナーに伝え、必要枚数のお写真を送ることで、お好みのデザインを1から作ることの出来る〈オーダーメイド〉プラン

他とは違う、世界にひとつだけのこだわりのデザインアルバムを作りたい方へ。

お客様からお伺いしたデザインテイスト(デザインの雰囲気)の要望をベースに、お客様のお写真データに合わせたレイアウトをデザイナーがお作りいたします。デザインテイストは【ピックアウトテンプレートプラン(テンプレート)】・【フルレイアウトプラン(レイアウト)】の中から自由にお選びいただけます。
実際に使用する写真は、お送りいただいた中から魅力的な写真をデザイナーが選出し、結婚式の流れをくんで配置をさせていただきます。

※このプランにはヒアリングシートの記入がございます。
ヒアリングシート確認後にデザインデータ制作となりますのでオーダーメイドをご希望の方はお時間に余裕を持ってご注文ください。
デザインデータ制作開始後はデザインテイスト等根本部分の変更はできませんので、ご要望等がある場合には事前にヒアリングシートにてお知らせください。

ヒアリングシートは【お写真データの送信方法:指示フォルダのダウンロード(オーダーメイド)】に入っていますので、ダウンロードしてご使用ください。

※※お客様に、より気軽にデザインアルバムをお楽しみいただくため、基本的にこちらのプランでは必要枚数のお写真をお送りいただき、デザイナーのほうで使用するお写真の選定を行っております。(”必要枚数のお写真”は、実際に使用する枚数より多めに設定されています。)

※※※結婚式には流れがございますので、このプランでは”お送りいただいた全てのお写真を使用する”ことはできません。どうしても使用したいお気に入りのお写真がある場合は、【よくある質問:どうしても使用したい写真があります。指定できますか?】を参考にご注文ください。

▼その他よくある質問をまとめました。
フルレイアウトプラン・オーダーメイドに関するよくある質問

-こんな方におススメ-
・デザインテイストの希望が決まっていて、よりこだわりを持って作りたい方
・自分好みのオリジナリティの高いアルバムが作りたい方

オーダーメイドの魅力:
お送りいただいたお写真に沿ってデザインをお作りする為、世界にひとつだけの結婚式アルバムが作成できます!
またベースはピックアウトテンプレートプラン(テンプレート)・フルレイアウトプラン(レイアウト)の中から自由にお選びいただけるため、”洋装部分は[クリスタル]、和装部分は[凜-RIN-]”という希望や、”基本は[マニッシュ]で、A4サイズテンプレートの[W003]と[W012]はどこかで使ってほしい”などの贅沢な使い方もOKです!


アルバム価格一覧

アルバム価格一覧】をご確認ください。


制作の流れ(Order Made)

オーダーメイドでは他のプランにはない”ヒアリングシートの記入”がございます。
ヒアリングシートは【お写真データの送信方法:指示フォルダのダウンロード(オーダーメイド)】に入っています。

ご注文→お支払い→お写真データ送付(ヒアリングシート記入)→デザインデータ制作


ご注文の準備(Order Made)

▼準備1 どんなアルバムにしたいかを考える

写真配置の大きさの希望についてご検討ください。(ヒアリングシートに記入箇所あり)
ざっくりとした希望でかまいません。アルバムの使用用途や作りたいイメージに応じて決めるとスマートです。

記入例: ”開放的なイメージにしたいので写真数は少なくなっても良いから1枚1枚の写真を大きく使用して欲しい。”
”思い出を多く残したいので、写真は小さくなってもいいから、少しでも多くの枚数を使用して欲しい。”
”前撮りのちゃんとした写真は大きくしてほしい。でもその他のスナップ写真は小さくてもかまいません。”など。

▼準備2 デザインを考える

①ベースとなるデザインテイスト(デザインの雰囲気)をお決めください。(ヒアリングシートに記入箇所あり)
デザインテイストは【ピックアウトテンプレートプラン(テンプレート)】・【フルレイアウトプラン(レイアウト)】の中から自由にお選びいただけます。

記入例:”[エレガント]をベースにレイアウトを作ってください。”
”洋装部分は[クリスタル]、和装部分は[凜-RIN-]で。”
”基本は[マニッシュ]で、A4サイズテンプレートの[W003]と[W012]はどこかで使ってほしい。”など。

②デザインを作る上で押さえて欲しい、重要なポイント等もあれば併せてご検討ください。

記入例:”白浜と海が映えるようにデザインを作ってください。”
”クラシカルな雰囲気が好きなので、無料補正の「セピア補正」を多用してください。”など。

▼準備3 使用したいお写真データを選ぶ

必要枚数までお写真をお絞りください。
※【よくある質問:結婚式アルバム製作に最適な写真データとは?】を参考に、使用したいお写真データをお選びください。

お写真選びのポイント

※下記順番でお写真をお選びいただくとメリハリのあるアルバムが作れます

詳細は【デザイナーブログ:写真選びのポイント~フルレイアウト・オーダーメイド編~】でご案内中。

① 表紙用のお写真を選ぶ ② メインとなる、気に入っているお写真を数枚選択(4~5枚程度) ③ 小物(ブーケ・指輪など)の写真をなるべく多く選択 ④ 必要に応じて:集合写真や各卓写真を必要数選択(多くても16枚程度) ⑤ サブとして、出来れば使用したい写真を残り枠枚数分選択※④番で フォトクルーズ(各卓写真)や新郎新婦とゲストのメインテーブルでの記念写真などを配置希望のお客様はあらかじめお客様のほうで絶対に使用したいお写真のみに絞ってからデータをお送りください。 基本的に該当するお写真はお送りいただきましたら、全て使用するように致します。その為あまり枚数が多くなってしまうと、1つ1つの写真が小さくなってしまうだけでなく、その他で採用できる写真枚数がその分少なくなってしまいますので、多くても16枚程度を目安としてお送りください。


エンドペーパーの仕様(Order Made)

※エンドペーパー(見返し紙)は製本タイプによって下記のように変化します。

STYLISH

エンドペーパーは存在せず、 紙は中身ページと地つなぎの印画紙が 表紙と中身ページをつないでいます。
つなぎ部分には完成したアルバム内容によって1番合いそうなものを、
ピックアウトテンプレート・フルレイアウトのレイアウトイメージの中から選んで使用いたします。

NOBLE・LUXE

表紙と中身ページの間にハリがあり、高級感のあるエンドペーパーが入ります。
アイボリー・黒どちらにするか、お選びいただけます。
※ヒアリングシート内でご指定ください。

LUXE(リュクス)・NOBLE(ノーブル)は表紙と中身ページの間に写真のようなハリがあり、高級感のあるエンドペーパーが入ります。


*アルバム本体【ALBUM×PLAN×DESIGN】の内容が決まった方は、こちらも合わせてチェック!!*